歯茎を切り開いて

あごの骨に穴を開けるといえばまあまあの痛さを想像してしまうでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めと供に、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)、心臓病などの持病をおもちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。注意してください。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうかしることが大切です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができない理由ではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体をとおして、相当な出費になります。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療がふくまれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。
長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わっ立といっても、安堵するのはまだ早いのです。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、そのままのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大切ですからす。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大切ということですね。
インプラント治療はまあまあの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのもいいでしょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です